業務メニュー
わんちゃん、ねこちゃん快適宣言
バリアフリー対策
シックハウス対策
快適リフォーム
リフォームプラン


快適空間先取り宣言
100%納得見積もり宣言

初めてのリフォーム
リフォームQ&A
リフォームの基礎知識 戸建て編
リフォームの基礎知識 マンション編
会社案内
サイトマップ
お問合せ




太陽光の光をお部屋にスカイライトチューブ


初めてのリフォームはまずこれを覚えましょう!
リフォームを初めてする場合にこういう所凄く困るんだよね・・・
実はこういう所で悩んでたり失敗した事があるんだよ。
なんていう声を良く耳にします。
そういう初めてのリフォームに際して事前に覚えておいた方が良い知識をまとめてみました。

第1、希望をしっかりと伝える事。
リフォームをしたい!と思った時、絶対にお客様にはイメージというものがあります。
そのイメージ=希望を業者に的確に伝える事が一番重要な作業になります。
ただ、口で説明するのってやっぱり伝えにくいよ・・・とか、
間取りなんて頭の中でわかんないもんなぁ・・・
と思われる方が殆どだと思います。

そういう場合は、
雑誌の切り抜き、HP上の印刷でもかまいません。
そういう写真などをお持ちください。
自分のイメージするものは口では説明しにくいものです。
写真をお持ちいただく事で
イメージが伝わりやすくなります。

第2、現在のお住まいの規定をしっかり見てくれるかどうか。
お住まいにはいくつかの規定が必ずと言って良いほど存在しています。

 
一戸建ての場合には、通し柱や梁など構造部分には、やはり手を加えられません。しかし、それらの基本構造を配慮に入れれば、間取りの変更や増築も可能になってくるのです。逆にそれらを考えずにリフォームされると、欠陥住宅の元となってしまいます。

 次に、マンションなど集合住宅の場合には、
管理規約などありますので、それに沿ったリフォームとなります。例えば、窓やバルコニーなど外観に関わってくる共用部分には手を加えられません。工事は定められた範囲で行うことが前提となります。内部についても間仕切り以外の構造に関わる壁ははずせない他、フローリングは遮音タイプに限定するなど細かい規約が設けられている場合もあるため、管理規約と照らし合わせて最適なリフォームにするために十分にチェックしておく事が必要なのです。

欠陥住宅にならないようにするためには、事前のチェックが不可欠です。
マンションの場合でも、管理規約違反で後々金額を要求される場合もあります。
それらを防ぐ為には、業者がそこをしっかり見てくれるのか。
そしてお客様側でも、それらをしっかり資料として把握していただけるのかが重要になってくるのです。

第3、悪質なリフォーム業者にご注意を。
リフォームで最後に気をつけなければならない事。それは業者の選定です。
リフォームをしている会社というのは全国でも何万店にも上ります。
お近くだけでお探しになっても10店ほど見つかると思います。
その中からホームページやその他色々な情報を聞いて判断しなければいけません。
初めてリフォームをする場合にはやはりその点を注意して考える必要があります。

見積りを出してもらったら、他の業者より凄く安かったので頼んでしまったら、
作業に入ってから見積り以外に追加工事が一気に出てきてしまい、
結局普通より高い金額になってしまった。
という声も良く耳にします。
逆に、その安い金額で、欠陥工事をしたりする業者も存在したりします。

お客様にとってリフォームというのはこれから生活をするスペースを創造するとても大切な作業になります。
金額もやはりそれなりにかかりますので、慎重に進めるのはとても大切な事なのです。

ここで、悪質な業者を見つけるためのポイントをいくつか上げて見たいと思います。

1、まず見積りが安心できるのかどうか?

見積り段階で安心できる業者であるのかを図るためには
見積書の明細が重要になってきます。合計いくらでやりますよとか明細が少ない見積書はあれ?と疑ってください。相場より明らかに安すぎる金額であったりする場合もやはり気をつけてください。

2、
を見る。

見積り前には必ずお客様のお家を拝見させていただきにスタッフがお伺いする事になります。その時にしっかり自分が思っている事をぶつけてみましょう。
良いスタッフの場合、
細かく丁寧にお家の作りを教えてくれるはずです。

3、ホームページやパンフレットなど
媒体を見る

しっかりとした会社というのは、
それなりにホームページや資料などを揃えているものです。ホームページを検索した場合、そのデザインなどに気を使っている会社は、おしゃれなリフォームをしてくれたりするものです。パンフレット(商品資料)などもその会社の扱っている商品の正統性を証明してくれます。
そういう
目に見える業者としての資質に目を配りましょう。

4、最後にその
会社の提携先などをチェックしましょう。

やはり大手のリフォーム用品を扱われている会社はそれなりに審査に合格している場合が殆どです。大手の会社はクレームが毎回出るような会社とはまず契約はしていません。
クレームの少なさ、クレームへの真摯な対応、メンテナンスそれが良いリフォーム会社の条件です。


良いリフォームを出来るようにお祈りしております。